地域福祉活動


 地域で行われている福祉活動をご紹介します
 
【長嶺・久保田いきいきサロン向上の会】

 8月18日、長嶺・久保田いきいきサロン向上の会に北部中学生13名がボランティア体験に来ました。

 90代の参加者から三河地震や伊勢湾台風の経験談、戦争の思い出話があり、生徒さんは真剣に話を聞いていました。災害時に中学生ができることについても話し合い、中学生は助けられる側ではなく、助ける側であるという気持ちが芽生えたようです。

 向上の会は毎月第3金曜日 9:30~11:30 長嶺と久保田のコミュニティホームで開かれています。

 
   

主催者コメント

 戦争や被災経験を若い世代に語り継いでいくことは大切です。向上の会では坂崎小学校や地元の子ども会との交流も企画しています。ぜひ遊びに来てください。

問合せ先

 幸田町社会福祉協議会 62-7171

 
【からだメンテナンス倶楽部によるコグニサイズ】

 7月25日、中央公民館でからだメンテナンス倶楽部(以下、『からメン』)による認知症予防(コグニサイズ)の講座が開かれました。

『からメン』は健康づくりを目的に活動している団体で、60代半ば~70代半ばの男性が多く、「今は困らないが将来が少し不安」「認知症の知識がなく、予防方法がわからない」というメンバーの声があり、認知症予防と嚥下性肺炎予防の講座が企画されました。岡崎市民病院の看護師等による認知症ミニ講座やコグニサイズの実践、喉を鍛える訓練が行われました。

   
   

主催者コメント

 人間は若い時代、元気で何も問題なく生活しているが、いずれ年老いていく中で健康を維持していくためには、加齢による変化を理解し日頃から予防していくことが大事であるとわかった。

問合せ先

 幸田町地域包括支援センター 62-7331

里モーニングカフェ】

 毎月第4火曜日の午前10時から11時30分まで里中央コミュニティホームにて、里モーニングカフェが開催されています。

 食育推進ボランティア『ひまわり』と里区民生委員が共同で、食育の推進や高齢者の交流できる場づくり、孤食対策等を目的に取り組んでいます。『ひまわり』の作ったモーニングを、世間話をしながら楽しく食べ、食後にはお口の体操やレクリエーション等も行われています。

   
   

主催者コメント 

 『ひまわり』が食事づくりやレクリエーションを担当し、民生委員がひとり暮らし高齢者等に参加を呼び掛けます。ボランティアと民生委員のコラボレーションでモーニングカフェが実現しました。みんなで楽しく食事をして、元気に過ごすことができればいいなと思っています。(里区民生委員)

問合せ先 

 幸田町社会福祉協議会 62-7171