貸 付  


生活福祉資金貸付事業 たすけあい資金貸付事業 つなぎ資金貸付事業


 生活福祉資金貸付事業
 生活福祉資金は、他の資金の借入が困難な所得の低い世帯、障害者及び高齢者の方がいらっしゃる世帯にご利用いただく貸付制度です。

お住まいの地区の民生委員または社会福祉協議会にご相談ください。
資金内容 対象経費 内        容
福祉資金 福祉費 自立した日常生活を送ることができるよう一時的に必要な資金
@生業を営むために必要な経費

A技能習得に必要な経費及びその期間中に生計を維持するために必要な経費
B住宅の増改築、補修等及び公営住宅の譲り受けに必要な経費
C福祉用具等の購入に必要な経費
D障害者自動車の購入に必要な経費
E中国残留邦人等にかかる国民年金保険料の追納に必要な経費
F負傷又は疾病の療養に必要な経費及びその療養期間中の生計を維持するために必要な経費
G介護サービス、障害者サービス等を受けるのに必要な経費及びその期間中の生計を維持するために必要な経費
H災害を受けたことにより臨時に必要となる経費
I冠婚葬祭に必要な経費
J住居の移転等、給排水設備等の設置に必要な経費
K就職、技能習得等の支度に必要な経費
Lその他日常生活上、一時的に必要な経費
緊急小口資金 緊急的かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に必要な少額の経費
教育支援資金 教育支援金 学校教育法に規定する高校、短大、大学又は専修学校に修学するために必要な経費
就学支度金 教育支援金の貸付対象となる学校への入学に際し必要な経費
総合支援資金 失業等による日常生活上の困難や生活の立て直しのために、一時的な資金を貸付することで解決・自立できる世帯に貸し付ける資金
生活支援費 就職して生活再建までの間に必要な生活費用
住宅入居費 敷金、礼金等住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用(住宅手当対象者のみ)
一時生活再建費 生活を再建するために一時的に日常生活費で賄えない費用
不動産担保型生活資金 一定の居住不動産を有し、将来にわたり、その住居に住み続けることを希望する高齢者世帯に対し、不動産を担保として生活資金を貸付



 たすけあい資金貸付事業
 幸田町在住の方で、低所得のために生活の維持が困難な世帯に、生活費・高額医療費等の支払いに必要な経費をお貸しします。ただし、貸付を受けるには連帯保証人が必要となります(緊急貸付の場合を除く)。また、貸付に当たり地区の民生委員が必要な支援を行います。

お住まいの地区の民生委員または社会福祉協議会までご相談ください。
資金内容 対象経費 内        容
たすけあい資金 対象者は幸田町在住の低所得者世帯の方。貸付限度額が決められています。貸付には幸田町在住の連帯保証人が必要です(緊急貸付の場合を除く)。貸付期間は原則12ヶ月以内で無利子です。



 つなぎ資金貸付事業
 幸田町在住の母子・寡婦世帯の方に、生活の維持に必要な生活、医療、修学、就業、住宅等の支払いに必要な経費をお貸しします。ただし、貸付を受けるには連帯保証人が必要となります。また、貸付に当たり地区の民生委員が必要な支援を行います。

 お住まいの地区の民生委員または社会福祉協議会までご相談ください。
資金内容 対象経費 内        容
つなぎ資金 対象者は幸田町在住の母子寡婦世帯の方あるいは父子世帯の方。貸付限度額が決められています。貸付には、幸田町在住の連帯保証人が必要です。貸付期間は、原則12ヶ月以内で無利子です。




このページのTOPへ